竹田、玖珠署「山の警察隊」が発隊 くじゅう山開き前に

西日本新聞 大分・日田玖珠版

 くじゅう連山山開き(6月2日)を前に竹田、玖珠署の「山の警察隊」発隊式が29日、竹田市久住町であった。山岳遭難者の捜索や救助に当たる。

 同連山の南登山口近くで行われた発隊式には、両署員や山岳救助に当たる関係者ら約50人が参加。竹田署の宝珠山和久署長が「遭難発生時には関係機関が情報共有し、連携して対応できる態勢を取りたい」とあいさつ。隊長を務める高橋祐司・同署地域兼交通課長らに隊旗が手渡された。式の後、隊員は久住山に向け山岳パトロールに出発した。

 「山の警察隊」は両署が毎年編成している。今年から赤外線カメラを搭載し、夜間も遭難者捜索ができるドローンも導入するという。高橋隊長は「登山者には余裕を持った計画を立て十分な装備で自然を楽しんでほしい」と呼び掛けた。

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ