イムズ閉館は21年8月末 福岡・天神

西日本新聞 社会面

 福岡市が進める都心部の再開発促進事業「天神ビッグバン」に伴い、再開発の方針が決まっている福岡市・天神の商業施設「イムズ」が、2021年8月31日に閉館することが分かった。閉館後に解体し、22年度中に新しいビルの建設工事を開始。24年末までの完成を目指す。

 運営する三菱地所リテールマネジメントが30日、入居テナントに通知した。イムズには約130テナントが入っており、移転や閉店を進める。これまで閉館時期は「21年度」と発表していた。

 イムズは、天神ビッグバンによるビル建て替えの優遇措置を活用した再開発を進める。所有する三菱地所はオフィスや商業、交流拠点など多機能型の複合ビルに転換する方針。ただ、市が航空法による建物の高さ制限を緩和したエリアからは外れており、市と緩和に向けた協議を進め、再開発の具体的な計画を策定する。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ