首相「風は気まぐれ」 解散風に言及、野党をけん制

西日本新聞 総合面

 安倍晋三首相は30日、都内で開かれた経団連の定時総会のあいさつで「風という言葉には今、永田町も大変敏感だ。風というのは気まぐれで、誰かがコントロールできるものではない」と述べた。夏の参院選に合わせて衆院を解散する衆参同日選の臆測が広がる中、自ら「解散風」に触れて野党をけん制した格好だ。

 首相は、4月の訪米時にトランプ米大統領とゴルフした際は「ボールが勝手に転がりだすぐらいの強い風だった」とする一方、今月26日に千葉県でトランプ氏とプレーした際は風はあまり吹かなかったと紹介した後、「解散風」に触れた。

 菅義偉官房長官は30日の記者会見で「解散風」について聞かれ「無風じゃないですか」と回答。立憲民主党会派の岡田克也氏は会見で首相の発言について「いちいちコメントしない。反応することが、総理の思うつぼですから」と語った。

PR

PR

注目のテーマ