【★どうが★やさしい日本語】かいしゃで「ひるね」を ひろめたい  ふくおかしが、もうふを むりょうで くばる

西日本新聞

仕事(しごと) の  (あいだ) に「昼寝(ひるね) 」をすると、仕事(しごと) が  よく  できる  そうです。

福岡(ふくおか) () は、会社(かいしゃ) で  (はたら) (ひと) が  昼寝(ひるね) をすることを  すすめます。

毛布(もうふ) が  ほしい  会社(かいしゃ) に  無料(むりょう) で  あげます。

毛布(もうふ) は、(あたま) から  かぶることが  できます。

会社(かいしゃ) の  (つくえ) で  () るときに、毛布(もうふ) を  背中(せなか) に  かけます。

毛布(もうふ) には  英語(えいご) で「CHARGING NOW」と  () いてあります。

元気(げんき) を『充電(じゅうでん) (ちゅう) 』」と、(まわ) りの  (ひと) に  () ってもらうことが  できます。

充電(じゅうでん) 」とは、電気(でんき) を  ためることです。

2016(ねん) 、  福岡(ふくおか) () は  市民(しみん) に  () きました。

30(さい) ~49(さい) の  (ひと) は、30%以上(いじょう) が「(ねむ) る  時間(じかん) が  () りないです」と  (こた) えました。

福岡(ふくおか) () の  市長(しちょう) は「『昼寝(ひるね) は、なまけること』と  (かんが) えることを  () えてほしいです」と  (はな) しています。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ