「つながる命大切に」 佐世保・小6殺害15年 各小中学校で校長が講話

西日本新聞 長崎・佐世保版

 佐世保市の大久保小で6年の女児が同級生に殺害された事件から1日で15年になるのを前に、市内の小中学校で31日、各校長が命の大切さについて児童、生徒に講話した。

 天神小(児童数350人)では、蒲川法子校長が体育館に集まった全校児童に質問をしながら、命の話を始めた。

 「皆さんの名前は、どんな思いで付けられたのか知っていますか」。男児が父親から聞いた由来を発表すると、蒲川校長は一人一人の名前には保護者の願いが込められていると説明し、自分の名前も友達の名前も大事にしようと約束した。

 最後に「命はいくつありますか」と問うと、児童は「一つ」と元気よく返事。「なくしたら元には戻せない。一つの命は、親や祖父母のずっと前からバトンタッチされてきた大事な命。つながっている命を大切にして」と呼び掛けた。

 蒲川校長は取材に「命は一つしかないこと、とても大事であることを確認したかった」と講話を振り返り、「もっと勉強して、命の大切さをしっかりと子どもたちに伝えられるようにしたい」と話した。

 事件現場となった大久保小では1日、児童や教員、保護者、地域住民が集会を開く。


■「いのち見つめる」6月を強調月間に 佐世保市教委

 佐世保市教育委員会は6月を「いのちを見つめる強調月間」と定め、今年も小中学校と家庭、地域が協力して、授業参観や意見交換会などを実施する。

 小中学校は期間中に1週間、教育活動を公開し、特に道徳の授業は全学級で公開する。5月に行った「心の状況調査」の結果は保護者と共有する。学校運営協議会や学校支援会議などを活用し、子どもたちを取り巻く課題について教員、保護者、校区住民が意見を交わす場もつくる。

 23日午後2時からアルカスSASEBOで、東京大名誉教授の養老孟司さんの講演会「いのちを見つめる~豊かな未来を生きるヒント」がある。入場無料。

 私立学校の一部も同様の活動を計画している。

 

■「忘れてはならない日」教育長が会見

 佐世保市の西本真也教育長は31日、市役所で記者会見し、大久保小で事件が起きた6月1日について「決して忘れてはならない日であり、子どもたちの命を守り抜くことを改めて覚悟する日」と語った。

 大久保小をはじめ市内の小中学校は、6月1日に合わせて命の大切さを子どもたちに伝える集会を開いているが、事件には触れていない。西本教育長は「事件から15年がたち、児童、生徒や地域の実態が変化する中、事件の扱い方は変化する。詳細を知らせなくとも命の尊さや重さを訴えることはできる」と述べた。各校の集会で校長が話す内容は、日頃から子どもや地域住民と向き合っている校長に任せているという。

 一方、学校現場で事件が風化することを防ぐため、新任や転任の教職員には辞令交付式などの際に、事件の概要や事件を踏まえた教育について説明していると話した。

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ