「エヴァンゲリオン」1日から映像ショー キャナルシティ

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 福岡市の商業施設「キャナルシティ博多」で5月30日夜、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」オリジナルストーリーのプロジェクションマッピングショーが試験上映された。エヴァと謎の敵「使徒」による大迫力の戦いに、居合わせた来場者も興奮した様子だった。

 夜間映像ショー「アクアパノラマ」で、1日から一般公開する。玄界灘沖に出現した使徒が架空の都市「シン福岡市」を襲うという設定で、主人公の碇シンジや綾波レイらが出撃する。総監督を務めた小林浩康氏は「博多を舞台にした特別なプログラム。ここに来る価値のある作品ができた」と魅力を語る。

 上映スケジュールは、1日は午後8時から30分おきに計3回。2日以降は毎日午後8時と9時の計2回。本編約10分。初日は午後4時と同7時半の計2回、アニメの主題歌「残酷な天使のテーゼ」を歌う歌手の高橋洋子さんが出演し、同曲を含めたスペシャルライブを披露する。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ