「長崎IRに4000億円投資」 マリーナベイ元社長名乗り

西日本新聞 総合面

ハウステンボス周辺のIR施設の計画イメージ図。右下の建物がカジノを備えたホテル、中央の海に面した建物が海洋水族館とホテル、左の建物がショッピングモール 拡大

ハウステンボス周辺のIR施設の計画イメージ図。右下の建物がカジノを備えたホテル、中央の海に面した建物が海洋水族館とホテル、左の建物がショッピングモール

 長崎県と同県佐世保市が、大型リゾート施設ハウステンボス(HTB)への誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)を巡り、シンガポールのIR「マリーナベイ・サンズ(MBS)」運営会社元社長のウィリアム・ワイドナー氏らが率いる東京のIR企画会社が31日、建設・運営事業者に立候補する意向を示した。4千億円を投資し、超高級ホテルや海洋水族館、商業施設、コンベンション施設や、施設をつなぐモノレールを整備する計画としている。

 福岡市で西日本新聞の取材に答えた。既に長崎県などと協議を始めており、資金は海外投資ファンドなどから調達する計画という。

 ワイドナー氏は1995年から約15年間、IR運営会社「ラスベガス・サンズ」の社長を務め、2010年開業のMBSをはじめ、マカオや米国でIR建設を手掛けた。「長崎のIRは九州特有の個性をブレンドし、既存のHTBも生かしたこれまでにない施設を造りたい」と意欲を見せた。

 IRを巡り、政府は最大3カ所の立地区域を選定する方針。長崎以外に大阪府・大阪市や和歌山県が誘致を進めている。長崎県は同社など北米や欧州、アジアの20社と情報交換しているといい、誘致が決まれば審査で1社に絞り込む。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ