『人間に光あれ』 中山武敏 著 (花伝社/共栄書房・2160円)

西日本新聞 文化面

『人間に光あれ』中山武敏著(花伝社/共栄書房・2160円) 拡大

『人間に光あれ』中山武敏著(花伝社/共栄書房・2160円)

 福岡県内の被差別部落で生まれ育った弁護士の自伝。著者は学用品会社で働きながら同県久留米市の明善高定時制を卒業し、中央大へ進学。研究室の土間にベニヤ板を敷いて寝泊まりして猛勉強し、司法試験に合格した。東京で開業し、東京大空襲の民間人被災者の救済を求めた国家賠償訴訟や、被差別部落出身の男性が女子高生を殺害したとして無期懲役となった狭山事件の再審請求など、人権問題に取り組んできた。後者では、証拠開示を認めない検察、裁判所に対し、国連人権委員会に訴えるなど幅広い運動を展開して100点以上の証拠の開示を勝ち取っている。小林節慶応大名誉教授の序文にあるように、逆境でも逃げずに正攻法を貫く生き方は「実に清々しい」。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ