長崎くんち始まり告げる 成功祈り「小屋入り」

西日本新聞 長崎・佐世保版

 長崎市の秋の大祭「長崎くんち」(10月7~9日)の最初の行事となる「小屋入り」が1日、同市の諏訪神社と八坂神社であり、今年の演(だ)し物を披露する五つの踊町(おどりちょう)関係者が祭りの成功を祈った。

 諏訪神社ではこの日、シャギリと呼ばれる笛やしめ太鼓の音色が響く中、紋付きはかまに身を包んだ今博多町、魚の町、玉園町、江戸町、籠町の関係者が「長坂」を上って参拝。清祓(きよはらい)を受け、7年に1度の大役を無事に果たすことを誓った。午後には踊町の役員らが関係先を回る「打ち込み」もあった。

 幹事町を務める魚の町の江崎淑夫自治会長(77)は「心の準備はできた。本番の3日間、最高の奉納ができるよう稽古に入りたい」と語った。小屋入りは江戸時代に各踊町が小屋を建て、稽古の前に身を清めたことに由来する。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ