八代の老健施設で11人死亡 熊本県監査 常勤医不在4カ月 

西日本新聞 社会面

 熊本県八代市の介護老人保健施設「アメニティゆうりん」(定員85人)で、常勤医が不在だった昨年2~5月の4カ月間に、86~100歳の入所者11人が死亡していたことが1日、施設や県への取材で分かった。県は常勤医不在と11人の死亡との関連性について確認できなかったとしている。

 介護老人保健施設は、要介護者に医療やリハビリを提供。国は入所者100人以下の施設には医師を1人以上常勤させるよう求めており、県は条例で義務付けている。常勤は週32時間以上の勤務としている。

 県によると、昨年2月から常勤医が不在になっているとの情報提供があり、同4月に施設を監査。運営する医療法人社団「優林会」に後任の配置を勧告した。県は同5月に再監査し、常勤医の不在中に入所者の死者数が増えていることを把握。11人のカルテを調べたが「常勤医の不在が原因とは認定できなかった」としている。

 一方、施設側によると、常勤医が不在の間、法人が経営する整形外科医院の院長を兼務する林邦雄理事長(76)が対応。死因は「老衰が多かった」とし、同6月からは医師が常勤しているという。林理事長は「ほぼ毎日、短時間だが施設に行っていた。11人の死亡は多いかもしれないが、常勤医の不在との関連はないと思う」と話した。

 また、県は常勤医が今年4月から別の医師に替わったため、5月30日に運営面を助言する実地指導に入った。「県条例違反の可能性が見つかった」として監査に切り替えたが、具体的な内容は公表していない。県によると、実地指導の際に常勤医から「4、5月に入所者8人が死亡した」と相談されたという。

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ