J2福岡ペッキア監督退任 新監督に久藤コーチ

西日本新聞 夕刊

 サッカーのJ2福岡は3日、今季から指揮を執ってきたファビオ・ペッキア監督(45)が退任すると発表した。ペッキア監督がクラブに退任を申し入れたという。「家族の事情。仕事と家族を選ぶなら、家族を大事にしないといけない」と説明。4日にイタリアへ帰国する。後任には久藤(くどう)清一コーチ(44)が昇格する。

 福岡は16節の大宮戦終了時点で4勝4分け8敗で18位と低迷している。ペッキア監督は1-0で勝利した5月26日の鹿児島戦後に退団の意思を固め、イタリアに戻ることをクラブに伝えたという。鈴木健仁強化部長によると、ペッキア監督の戦術の浸透を評価していたクラブは慰留に努めたが、2日に福岡市のレベルファイブスタジアムで行われた大宮戦後にクラブと話し合って決めたという。

PR

PR

注目のテーマ