「動物の森」の赤ちゃん、お母さんにピタッ 海の中道海浜公園

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 海の中道海浜公園(福岡市東区)の「動物の森」で、この春生まれた赤ちゃんたちの、けなげでかわいらしい姿が来園者を楽しませている。

 3月には、クロクモザルの赤ちゃんが2年ぶりに生まれた。飼育担当によると、約1年は母親の背中やおなかに抱き付いて過ごすという。

 5月2日には、昨年に続きフサオマキザルの赤ちゃんが誕生。同月は、オグロプレーリードッグやトカラヤギも出産して「ベビーラッシュ」になった。

 同園の飼育担当者は「数多くの動物の赤ちゃんに触れ合いませんか」と来園を呼び掛けている。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ