西鉄、ホタル観賞バス休止 西新-室見川上流 利用低迷、乗務員不足

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 西日本鉄道(福岡市)が毎年、ホタルのシーズンに合わせて市営地下鉄空港線西新駅(早良区)と室見川上流(同)を結んでいた観賞用の臨時バスを、今年は休止することが分かった。利用客の低迷と、同社の乗務員不足が理由という。

 ホタルバスは、室見川上流の上石釜地区にマイカー用駐車場がないことや、路線バスでは乗り継ぎが必要なことから、2007年に運行を開始。例年6月上旬の週末に、西新駅から野芥を経由し、上石釜地区まで直通で走っていた。

 同社によると、昨年は1日3、4往復し、1日当たり100~150人が利用したという。西日本新聞の取材に対し「雨の日は利用客が大幅に減るなど期待していた乗客数に達していないことや、全体的に乗務員が不足している中での人員配置を考えた結果、休止に至った」と説明した。来年以降については未定としている。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ