北朝鮮「金英哲氏健在」 粛清説の幹部、公の動静報道

西日本新聞 国際面

 【ソウル池田郷】北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、粛清説が出ていた金英哲(キムヨンチョル)朝鮮労働党副委員長が2日、軍人の家族らによる芸術公演を金正恩(キムジョンウン)委員長らと一緒に観覧したと伝えた。韓国紙の朝鮮日報は5月31日、金英哲氏が2月の米朝首脳会談が決裂した責任を問われて強制労働などを科せられたと伝えていたが、北朝鮮側が健在をアピールし、報道を否定した格好だ。

 朝鮮中央通信は、正恩氏や最側近の崔竜海(チェリョンヘ)最高人民会議常任委員長ら公演観覧者を紹介する中で、金英哲氏の名前を伝えた。韓国の聯合ニュースによると、金英哲氏の動静が確認されたのは4月の最高人民会議以来で、北朝鮮の党機関紙の労働新聞も3日、金英哲氏とみられる人物が写った公演時の写真を掲載した。

 朝鮮日報は、米朝首脳会談の事前交渉を担当した金革哲(キムヒョクチョル)米国担当特別代表が銃殺刑に処されたとも報じたが、北朝鮮専門サイトの関係者によると「最近、平壌の外務省で見かけた」との情報もある。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ