【やさしい日本語】あめが たくさん ふる「つゆ」の きせつが はじまる 「つゆ」は いつもより ながくなる かもしれない

西日本新聞

あめがたくさんふって、どうろにみずがあふれたようす(きょねん7がつ、きたきゅうしゅうし) 拡大

あめがたくさんふって、どうろにみずがあふれたようす(きょねん7がつ、きたきゅうしゅうし)

日本(にっぽん) では、6(がつ) から7(がつ) に  (あめ) が  たくさん  ふります。

この  季節(きせつ) のことを「梅雨(つゆ) 」と  いいます。

九州(きゅうしゅう) の  (きた) (ほう) は、もうすぐ  梅雨(つゆ) です。

気象台(きしょうだい) に  よると、今年(ことし) の  6(がつ) から  8(がつ) は、いつもの  梅雨(つゆ) よりも  (あめ) が  たくさん  ふる  そうです。
気象台(きしょうだい) :天気(てんき) 地震(じしん) のことを  調(しら) べるところ)

九州(きゅうしゅう) の  (きた) (ほう) では、きょねんと  おととし、(あめ) が  たくさん  () って  災害(さいがい)   になりました。
災害(さいがい) :(あめ) や  地震(じしん) で  おきる  (わる) いこと)

今年(ことし) も  梅雨(つゆ) が  (なが) く  なるかも  しれません。だから  災害(さいがい) に  () を  () けて、準備(じゅんび) します。

きょねんは、とても  (あつ) い  (なつ) でした。

今年(ことし) の  (なつ) は、きょねんほど  (あつ) くなさそうです。

気象台(きしょうだい) の  (ひと) は「いつもと  (おな) じくらい  (あつ) い  (なつ)   になりそうです」と  (はな) しています。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ