参院選福岡、佐賀で国民が候補者決定

西日本新聞 総合面

 国民民主党は5日の総務会で、夏の参院選で福岡選挙区(改選数3)に新人の弁護士春田久美子氏(52)、佐賀選挙区(改選数1)に元参院議員犬塚直史氏(64)をそれぞれ擁立することを正式に決めた。

 春田氏は福岡市在住。九州大学を卒業後、裁判官などを経て同市内に弁護士事務所を開設している。

 犬塚氏は2004年参院選で長崎選挙区から旧民主党公認で出馬し、初当選。1期務めた。野党5党派の統一候補となる。

 玉木雄一郎代表は5日の記者会見で、福岡選挙区での党本部主導の候補者擁立が地元の反発を招いていることについて「現場の理解を得ないと円滑な選挙運動もできない。地元で理解をいただく努力をしたい」と述べた。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ