諫干訴訟、漁業者側が和解提案書 農水省に申し入れ

西日本新聞 総合面

 国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)を巡り、潮受け堤防排水門の開門を求める漁業者側の馬奈木昭雄弁護団長らが5日、農林水産省を訪れ「和解による解決の提案」を文書で申し入れ、協議に誠実に向き合うよう要望した。

 馬奈木氏は、国が漁業者側に開門を強制しないよう求めた請求異議訴訟で、最高裁が7月に弁論を設定したことに触れ「最高裁は(開門を命じた)確定判決を守らなくていいという福岡高裁の判決を維持できないだろう。解決の道は和解しかない」と強調した。

 提案書では「開門と非開門の対立が固定化され、今後も新たな訴訟が提起され、紛争が際限なく繰り返される恐れが強い」と指摘。開門調査の実施を求める一方、被害を懸念する干拓地農業のための振興基金創設などを訴えている。農水省の日置秀彦農地資源課長は「早期に解決できるように努めていきたい」などと応じた。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ