被爆者代表に山脇さん 長崎、祈念式典「平和への誓い」

西日本新聞 社会面

 長崎原爆の日(8月9日)の平和祈念式典で「平和への誓い」を読み上げる今年の被爆者代表に、11歳で被爆した山脇佳朗さん(85)=長崎市=が選ばれた。山脇さんは5日、長崎市役所で記者会見し「長崎、広島で亡くなった人への祈りと、核廃絶への思いを伝えたい」と決意を語った。

 爆心地から約2・2キロで被爆。1994年から長崎平和推進協会の会員として語り部活動を始めた。500メートル地点で爆死した父親の遺体を火葬した体験などについての講話を年50回程度行っている。

 70歳のころからは外国人向けに独学で覚えた英語で体験を語り、2010年には核兵器の悲惨さを世界に発信する政府の「非核特使」第1号に任命された。会見では「(海外の記者から質問を受ければ)英語で思いを語りたい」と述べた。

 被爆者代表は17年から公募方式で選定。今年は14人の応募があり、5日にあった長崎市の選定審査会で山脇さんに決定した。

■高校生平和大使に長崎などから23人

 長崎、広島両市の市民団体「高校生平和大使派遣委員会」は5日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部に核廃絶を求める署名を届ける第22代高校生平和大使を発表した。約500人の応募があり、16都道府県から過去最多の23人が選ばれた。九州は福岡、佐賀、長崎、熊本、大分の計7人。

 広島、長崎市での研修を経て8月下旬からジュネーブを訪問。軍縮会議の傍聴やノーベル平和賞を受賞した非政府組織「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」メンバーとの面談を予定している。

 平和大使はこれまで計170万筆超の署名を国連に届けており、ノーベル平和賞に推薦されている。九州のメンバーは次の通り。 (敬称略)

 【福岡】岡明日佳(久留米信愛)【佐賀】山之上飛鳥(武雄)【長崎】内山洸士郎(鎮西学院)田平彩乃(長崎北陽台)橋田晏衣(活水)【熊本】島崎亜季子(第二)【大分】若山楓(別府鶴見丘)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ