「第78回創元展 福岡巡回展」 幅広い分野の作品148点

西日本新聞 夕刊

■20日から、福岡市・福岡アジア美術館で

 油彩や水彩、版画など幅広い分野の美術作品を展示する「第78回創元展 福岡巡回展」が20日から25日まで、福岡市博多区下川端町の福岡アジア美術館7階企画ギャラリーで開かれる。

 美術団体「創元会」(東京)の主催で、会場に展示される作品148点のうち、福岡、佐賀両支部関係は69点の予定。創元会は1940年に11人の洋画家が「誠実、情熱、知性によって新しい絵画を創造する」として、作家の育成や援助を目的に設立した。これまで創元展をはじめ各種展覧会の開催や調査研究など美術の普及向上に尽くしている。現在は全国で約700人の会員と一般出品者が個性豊かな作品制作に取り組んでいる。

 入場料は一般800円、65歳以上は400円、大学生以下は無料。開場は午前10時~午後8時。最終日は午後6時まで。問い合わせは、福岡アジア美術館=092(263)1100。

PR

PR

注目のテーマ