「限界集落」を再生する経験は日本社会を変えていく力になる!

西日本新聞

 舞台は新潟県十日町市の池谷集落である。高度経済成長期以降、長期的に衰退してきたこの集落にとどめを刺したのは2004年に発生した中越地震。この災害の後には6世帯、人口は13人にまで減少して廃村も視野に入れざるを得ない「限界集落」となる。ところが、そのひん死の状態から集落を甦らせた立役者がいた。隣の入山集落の出身でNPO法人の主宰者、さらには本書の著者である多田朋孔をはじめとする移住者、そして池谷集落の住民など、多くのアクターたちであった。本書は、震災という災いを転じて福となすかのように、震災ボランティアと若者との交流が移住者を呼び込み、地元の人たちと将来ビジョンを作成、11世帯、23人にまで盛り返して廃村の危機を脱していった「奇跡の集落」の物語である。

 これまで多くの村おこしの事例から、村おこしが成功する秘訣は「若者、よそ者、馬鹿者」が活躍することだといわれてきた。エネルギーを発散する若者、村を相対的に眺める眼を持つよそ者、既成の価値にとらわれない馬鹿者、そんな人たちの力が結び付いてこそ、沈滞した村の空気を一変できるというわけだ。もちろん池谷集落でもこうした人たちの活動があったのは言うまでもない。さらに、池谷集落が甦っていくプロセスは、人と人がつながり、人が人を呼び、集落の中だけではなく外に向けてもネットワークが広がっていくプロセスでもあった。

 本書は、池谷集落が人と人との結節点となって甦っていく姿を第1部で活写する。再生のプロセスで活躍した「アクターたち」へのロングインタビューなど生の声も折り込みながら、2018年までの歩みがしっかりと記録されている。そして、この第1部「実話編」に続く第2部の「ノウハウ編」こそが本書の特徴といえる。ここには、長期的なビジョンを持ちながら限界集落を再生していくためのノウハウが、より一般的な形でまとめられている。

 最後には集落の再生から得られた知恵をさらに敷衍(ふえん)して、新しい産業構造やそれに支えられる社会のあり方までが構想されている。巨大化した社会の中で、地域社会という小さな単位を大切にしながら成り立つ社会のあり方。これは危機にひんする集落を再生するノウハウというだけではなく、これからの都市社会再生のノウハウとしても学ぶ点が多い。その意味で、都市住民も含めて広く読まれるべき書物である。

 

出版社:農文協
書名:奇跡の集落
著者名:多田朋孔/NPO法人地域おこし
定価(税込):2,808円
税別価格:2,600円
リンク先:http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54018116/

西日本新聞 読書案内編集部

PR

PR

注目のテーマ