第44期天元戦五番勝負 第3局 11月23日(金)

井山裕太天元 対 山下敬吾九段

佐賀県鹿島市「祐徳稲荷神社」

特設ページへ

福岡の糸山さん初優勝 祐徳本因坊戦

西日本新聞

一般の部優勝糸山剛志さん 拡大

一般の部優勝糸山剛志さん

中学生の部優勝出口稜真さん 小学生の部優勝宮本将伍君

 西日本屈指のアマチュア囲碁大会、第68回祐徳本因坊戦(祐徳稲荷神社、碁聖寛蓮顕彰会、西日本新聞社主催)は最終日の9日、佐賀県鹿島市の祐徳稲荷神社で決勝トーナメントが行われ、一般の部で福岡南部の糸山剛志さん(32)=福岡市中央区=が初優勝した。

 糸山さんは3回目の出場。8日の予選リーグを3連勝で突破し、9日の準決勝では福岡北部の新井俊明さん(40)=北九州市小倉北区=に中押し勝ちした。決勝は宮崎の山本淳さん(55)=宮崎市=と対戦し、激しい攻防の末に白番3目半勝ちを収めた。中学生の部は福岡の出口稜真さん(14)=福岡県みやこ町=が、小学生の部は熊本県代表の宮本将伍君(11)=熊本市=がそれぞれ初優勝した。

 (西日本スポーツの囲碁欄で後日、主な対局の観戦記事を掲載します)

決勝トーナメントの結果(前者が勝者、敬称略)

 【一般】準決勝 糸山剛志(福岡南部)‐新井俊明(福岡北部)、山本淳(宮崎)‐古川恭正(佐賀)▽決勝 糸山‐山本

 【中学生】準決勝 出口稜真(福岡)‐宝田浩明(鹿児島)、小島二十(大分)‐岩重修司(福岡)▽決勝 出口‐小島

 【小学生】準決勝 宮本将伍(熊本)‐樋口駿(佐賀)、角優輝(福岡)‐川畑拓也(沖縄)▽決勝 宮本‐角

PR

PR

注目のテーマ