北九州市、7月からパートナーシップ宣誓制度

西日本新聞 社会面

 北九州市は10日、性的少数者(LGBT)のカップルを公的に認定する「北九州市パートナーシップ宣誓制度」を7月1日から始めると発表した。今月24日から、市立男女共同参画センター・ムーブ8階(小倉北区大手町)の「人権推進センター」で宣誓の受け付けを開始する。

 新たに整備した市の要綱で運用する。対象は成年で、配偶者がいない市内居住か転入を予定するLGBTのカップル。希望日の7日前までに電話予約し、住民票などの書類を持参する。宣誓者には受領証を発行。市営住宅の入居に際し、受領証の所持者を夫婦同様に入居できるよう要件を変える。人権推進センター=093(562)5010。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ