ジブリ博30万人突破 福岡市博物館の最多入場更新

西日本新聞 ふくおか都市圏版

ぬいぐるみや図録などの記念品を受け取って喜ぶ佐々木さん親子 拡大

ぬいぐるみや図録などの記念品を受け取って喜ぶ佐々木さん親子

 福岡市早良区の市博物館で開催中の「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~」(西日本新聞社、FBS福岡放送の実行委主催)の入場者が30万人を超え、同博物館の過去最多記録を更新した。11日、記念セレモニーがあり、30万人目の佐賀市の主婦佐々木玲香さん(29)と長男結多(ゆいた)ちゃん(1)親子に記念品が贈られた。

 大博覧会は、「もののけ姫」や「となりのトトロ」など多くの人気アニメーションを製作したスタジオジブリ(東京)の30年間の軌跡を、3千点に上る資料でたどる内容。友人に誘われて来たという佐々木さんは「ジブリアニメが好きなのでとてもうれしい。記念品で子どもの頃から好きなトトロのぬいぐるみをもらったので大切にしたい」と喜んでいた。

 市博物館の企画展で入場者が30万人を超えたのは1990年10月の開館以来初めて。これまでの最多記録は98年の「人体の不思議展」で28万1691人だった。大博覧会は23日まで。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ