【動画あり】プール開きではんぎり競漕  筑後市の古島小

西日本新聞 筑後版

バランスを取ってはんぎりに乗る古島小の児童 拡大

バランスを取ってはんぎりに乗る古島小の児童

 筑後市の古島小で12日、プール開きの恒例行事「はんぎり競漕(きょうそう)」があった。梅雨前の好天の下、全校児童80人が直径約75センチ、深さ約35センチの木おけに乗り、バランスを取りながらプールをこぎ進んだ。

【動画】古島小プール開き恒例のハンギリ競漕

 古島小校区はかつて掘割が張り巡らされ、ヒシの栽培が盛んだった。はんぎりに乗ってのヒシの収穫は秋の風物詩で、同校では伝統を引き継ごうと1978年ごろから実施している。

 5、6年生は1人で、低学年は上級生に支えてもらいながらはんぎりに乗り、しゃもじに似た木の板を使ってプール横断に挑戦。うまくバランスを取りながらこいでいた6年堤羽寧(はね)さんは「6年間で上手に乗れるようになりました」と笑顔で話していた。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ