ラグビーW杯まで100日 鈴木ナオミさん県庁で公式曲披露

西日本新聞 ふくおか版

県庁ロビーで大会オフィシャルソングを歌う鈴木ナオミさん 拡大

県庁ロビーで大会オフィシャルソングを歌う鈴木ナオミさん

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕100日前となった12日、福岡の開催都市特別サポーターを務める歌手の鈴木ナオミさんが、県庁ロビーでコンサートを開いた。大会オフィシャルソングの「World in Union」など4曲を披露し、福岡開催をアピールした。

 鈴木さんは田川市出身で、英ロンドンを拠点に活動している。ラグビー日本代表のジャージー柄の服で熱唱した鈴木さんは「世界中からいっぱいの人が福岡に集まるようにPRしていきたい」と語った。

 15日午後0時半からは、福岡市・天神の福岡市役所西側ふれあい広場で、体験型イベント「ラグビーサマーフェス2019」が開かれる。ラグビー体験ブースが設けられ、元日本代表で大会アンバサダーの松田努氏や、アイドルグループHKT48のメンバーをゲストに招いたトークショーなどがある。入場無料。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ