【動画あり】「たからもの」園歌完成 筑紫女学園大付属幼稚園 松井五郎さん作詞、保護者制作 動画公開

西日本新聞 夕刊

 約半世紀の歴史を持つ筑紫女学園大付属幼稚園(福岡市中央区、224人)の園歌「みんながたからもの」が完成した。作詞は、安全地帯や氷室京介さんなど数々の有名アーティストを手掛けてきた松井五郎さん(61)。八谷俊一郎園長(70)が、園児の保護者であるサウンドクリエーターの戸田清章(せいじ)さん(41)、シンガー・ソングライターの池上ケイさん(40)夫妻に制作を依頼したのが始まり。プロのこだわりと愛情が詰まった「たからもの」が誕生し、元気な歌声が響き始めた。

 本年度末で定年退職予定の八谷園長は「園を離れる前に、大人になっても忘れない園歌を残す」ことが積年の夢だった。戸田さんが人気アイドル「ももいろクローバーZ」などの楽曲制作を担当していたのを知り、昨夏、戸田夫妻に園歌を依頼した。その際、園児が卒園式などでよく歌う「『勇気100%』みたいな元気な歌詞がいいですね」と何げなく伝えたという。この歌は松井さんの作詞。戸田さんの妻、池上さんの2006年のメジャーデビュー曲も松井さんが手掛けていた。息長く第一線で活躍を続ける松井さんに、戸田夫妻が駄目もとで頼んでみると、快諾してくれた。

 松井さんは昨秋に園を訪れた。正門から園舎までの長い坂道や、園児が駆け回る「響流(こうる)の森」を歩いた。その夜、詞が届いた。「坂道」「森」「泥んこ」など園の楽しい風景や、園児一人一人「みんながたからもの」という思いが込められていた。森を元気に歩いて行く園児の姿をイメージし、池上さんが曲を付けた。

 松井さんは「実は、今回、歌詞はそれほど苦労せず完成しました。なぜなら、子供たちの姿を、ただありのまま、言葉に導いただけだからです。つまり歌は既にそこにありました」とコメントを寄せた。

 制作はここで終わらず、戸田さんと親交がある6人のクリエーターがボランティアで集結。人気シンガーJUJUさんも手掛ける編曲家によるポップスアレンジなど四つのバージョンと、園歌に合わせオリジナルキャラクターが登場する動画や絵本もできた。

 戸田さんは「子どもたちの笑顔のためにできた『日本一』の園歌。音楽の素晴らしさをあらためて感じた」。八谷園長は「歌詞に園の名前も入っていないので、子どもたちの愛唱歌として日本中に広がってほしい」と喜んでいる。

 園歌は動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開中。各種音楽配信サイトでもダウンロードできる。

「みんながたからもの」楽曲配信
https://linkco.re/nFETDuED

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ