『ふるまいの創造』 香室結美 著 (九州大学出版会・3888円)

西日本新聞 文化面

 アフリカ南部のナミビアに住むヘレロ人はユニークなファッションで知られる。男性は軍服風の服を儀礼時に着る。女性は、オシカイバと呼ばれる大きな帽子と足首が隠れるほどの長いスカートが特徴的なロングドレスを日常的に着用する。ロングドレスには流行があり、次々に新しいデザインが生まれている。これは、伝統を守る「民族衣装」の概念ではとらえにくい。ヘレロ人のファッションのルーツは、1884年から約30年間続いたドイツ植民地時代の文化とされるが、ドイツはヘレロ人の8割を虐殺している。ヘレロ人は憎むべき相手の文化を引き継ぎ、発展させているように見える。熊本大特任助教の文化人類学者は丹念な現地調査を踏まえ、彼らの美意識やアイデンティティーを考察している。 

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ