甕棺墓22基を発見 安武三反野遺跡で説明会 久留米市

西日本新聞 筑後版

甕棺墓が見つかった発掘現場で市職員の説明を聞く地元住民たち 拡大

甕棺墓が見つかった発掘現場で市職員の説明を聞く地元住民たち

 久留米市は「安武三反野遺跡」(同市安武町安武本)の発掘調査で、弥生時代中期から後期(紀元前1世紀~2世紀)の甕棺墓(かめかんぼ)22基が見つかったと発表した。15日、現地で説明会があり、地元住民や考古学ファン約90人が参加、古代の世界に思いをはせた。

 発掘調査は、県道久留米柳川線の改良工事に伴い4月から実施。市文化財保護課によると、縦15メートル、横14メートルの区画から、最大で成人用の高さ約1メートル、小さい物で乳幼児を埋葬したとみられる高さ50~60センチの甕棺が見つかったという。人骨は風化で消滅したとみられる。

 甕棺は二つの甕の口を合わせた形状が特徴。棺が同じ方向に並んでいることから、集団墓地として使われていたと考えられる。同課によると、甕棺墓は九州北部に分布し、市内でも国指定史跡「安国寺甕棺墓群(同市山川神代)」など各遺跡からこれまで500基超が見つかっている。

 安武三反野遺跡の北側には同じ弥生時代の大規模集落跡「塚畑遺跡群」があり集落に住んでいた弥生人が墓地として使用した可能性があるという。

 説明会では発掘担当者が400軒以上の竪穴住居跡や掘立柱建物跡が見つかっている塚畑遺跡群との関連を説明。見学者は熱心に耳を傾けていた。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ