セブン-イレブン2店が高齢者見守り 吉野ケ里町と協定

西日本新聞 佐賀版

協定書にサインする伊東健吾町長(右)とセブン―イレブン・ジャパンの玉置大輔マネジャー 拡大

協定書にサインする伊東健吾町長(右)とセブン―イレブン・ジャパンの玉置大輔マネジャー

 吉野ケ里町は13日、地域の高齢者を見守り、異変に気づいた際には連絡をしてもらえるようコンビニチェーンのセブン‐イレブン・ジャパンと協定を結んだ。

 高齢者がいつまでも地域で安心して暮らせることを目的に、住民と接する機会の多い企業などと協力して高齢者の見守りを図る「吉野ケ里町ふれあいネットワーク」事業の一環。セブン‐イレブン側は以前から他の自治体で来店したり商品の配達サービスを利用したりする高齢者などへの声掛けに取り組んでおり、町に打診し協定が実現した。

 協定をもとに、町内の2店舗は商品の配達時などに高齢者の安否を確認し、認知症の可能性など異変を感じた場合は町の地域包括支援センターに知らせる。

 協定の締結式で伊東健吾町長は「(見守りを通じて)町づくりに貢献していただければうれしい」とあいさつした。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ