【やさしい日本語】としをとった ひとが あんしんして せいかつできるように、コンビニが きをつけて みる

西日本新聞

よしのがりのちょうちょう(みぎ)と、セブン―イレブンのひと 拡大

よしのがりのちょうちょう(みぎ)と、セブン―イレブンのひと

コンビニの「セブン―イレブン」は、 (とし) () った   (ひと) が  安心 (あんしん) して  生活 (せいかつ) できるように、 () () けて   () ます。

佐賀 (さが) (けん)   吉野ケ里 (よしのがり) (ちょう) にある、2つの  セブン―イレブンが  この活動 (かつどう) を  します。

商品 (しょうひん) を   (とど) けに   () ったときに、 () () (ひと) が  元気 (げんき) かどうかを   (たし) かめます。

その (ひと) が「認知症 (にんちしょう) 」かもしれない  ときは、 (まち) に   () らせます。

認知症 (にんちしょう) とは、 (おぼ) えたり、注意 (ちゅうい) したりするのが   (むずか) しくなって、生活 (せいかつ) が   (むずか) しくなることです。

吉野ケ里 (よしのがり) (ちょう) の  町長 (ちょうちょう) は「 (まち) が  もっと  よくなるように、セブン―イレブンに  がんばってほしいです」と (はな) しました。

セブン―イレブンは、 (ほか) の   (まち) や  都市 (とし) でも、この活動 (かつどう) を  しています。

 

(もと) の  記事(きじ) は  こちら

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ