海軍ビーフシチュー味ランチパック限定販売 山崎製パン

西日本新聞 長崎・佐世保版

 旧海軍佐世保鎮守府開庁130年を記念し、山崎製パンはビーフシチュー味のランチパックを7月から期間限定で販売する。監修した佐世保観光コンベンション協会と同社の関係者が17日、佐世保市役所を訪れ、新商品を披露した。

 ビーフシチューは、佐世保鎮守府司令長官を務めた東郷平八郎が留学先の英国から日本に持ち帰ったとされる。佐世保観光コンベンション協会は4月、全国のご当地ランチパックを販売している山崎製パンに、佐世保鎮守府にちなんだ商品開発を依頼した。

 明治時代の「海軍割烹(かっぽう)術参考書」のレシピを参考にニンジン、ジャガイモ、タマネギ、牛ひき肉が入った具材をパンに挟んだ。市内の飲食店が提供する「海軍さんのビーフシチュー」は大きな具材が特徴なので、製造できる最大限の1センチ角で材料を調理した。

 山崎製パン福岡工場営業課の石本かほるさんは「小さな子どもでも食べやすく、口当たりの軽い、さっぱりした味に仕上がった」と話した。

 7月1日以降、九州7県と山口県下関市のスーパーやコンビニで2カ月程度販売する。希望小売価格は150円(税別)。

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ