元民放アナ、チームのもり立て役 アビスパ広報の高木千亜紀さん

西日本新聞

チームと共に奮闘するアビスパ福岡広報担当の高木千亜紀さん 拡大

チームと共に奮闘するアビスパ福岡広報担当の高木千亜紀さん

5月の試合結果

 成績不振、監督交代…。そんなチームの再建に懸命なアビスパ福岡をもり立てる「旗振り役」と言えるのが広報だ。担当の高木千亜紀さん(44)は福岡出身だが、7年半前まで静岡県の地元民放局でスポーツ情報番組のMCなどを務めるアナウンサーだった。取材を「する側」の立場だった高木さんがなぜ「受ける側」に? 転機を語る口調や表情には、福岡やクラブへの強い愛情がにじんでいた。

 福岡市中央区の福浜小、当仁中に通った高木さん。「好きな球団は、なぜか巨人だった」という野球大好き少女で、プロ野球中継を見てインタビューの仕事を志した。アナウンサーを多く輩出する福岡大に進学し、アナウンススクールにも通った。

 1998年に縁あって入社した静岡朝日テレビでは、アナウンサーでありながら、高校野球や駅伝といったアマチュアスポーツを積極的に取材。企画や編集も自らこなす努力が評価され、2003年にスポーツ情報番組の司会役に抜てきされた。

 高校の強豪校がひしめき、Jリーガーも多数送り出してきた静岡は、「王国」と称されるほどサッカーが盛んな県だ。スタジオでは、かつて日本代表の中心選手だったラモス瑠偉さんや地元出身で清水エスパルスの監督も務めた長谷川健太さんといった名だたる面々に囲まれ、サッカーの世界に引き込まれていった。

 番組にはアビスパへの所属経験がある三浦泰年さんも出演していた。「俺が監督になったら、おまえが広報な」。三浦さんはそう冗談を言い、故郷を離れて仕事に打ち込む高木さんを励ましてくれた。清水のライバルのジュビロ磐田を取材する機会も増え、広報担当の「スマートな立ち振る舞いのかっこよさ」に憧れを抱いた。

    □     □ 

 一方、福岡ではプロ野球のホークスが常勝チームに成長。若鷹軍団が試合に勝って周囲から祝福されるたびに故郷への思いは募っていった。11年の東日本大震災を機に、帰福を決意。同年末に退職した直後、ギラヴァンツ北九州の監督に就任していた三浦さんが「欠員が出た」と声を掛けてくれ、広報の夢が実現した。

 13年にアビスパに“移籍”。四六時中鳴り続ける電話やメディアの取材対応に加え、ネットへの情報配信、チラシ作りをほぼ1人でこなす。広報でありながら練習に足を運べないほどの超多忙な日々。「本当はもっと選手のことを伝えたいんですが…」

 今春、選手たちの「素顔」が分かる出来事があった。バスケットボール男子Bリーグのライジングゼファー福岡の経営難が表面化した際、菊池直哉選手ら数人から「僕たちにできることはないか」と声が上がった。後日、選手有志は「直接応援することが支援の第一歩」と、プライベートで試合を観戦したという。「同じく経営難を体験したアビスパの選手ならではの思いと行動。地に足の着いた、温かい雰囲気が私は大好き」。高木さんは目を細める。

 主将発案の幼稚園訪問、掃除や洗濯でチームメートを支える無名の選手…。もっとたくさんの人に伝えたい話題は山ほどある。「プロなので結果で判断されるのは当たり前。でも、最前線で戦う選手もそうじゃない人もみんなでアビスパ。分け隔てなく、アットホームで手作り感あふれるクラブの魅力を伝えたい」と意気込む。

 「アビスパと結婚しました」と語る情熱的な高木さん。目指すゴールはどこ? 「ホークスのように1日1回は話題に上る、生活に欠かせないクラブにしたいです!」

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ