【★どうが★やさしい日本語】ふくおかけんの「ホームレス」が、へっている  すむ ところに こまる ひとは、まだ いる

西日本新聞

「ホームレス(homeless)」とは、 (いえ) が  なくて、道路 (どうろ) や   (こう) (えん) などで  生活 (せいかつ) する   (ひと) です。

福岡 (ふくおか) (けん) は、2003 (ねん) から  毎年 (まいとし) 、ホームレスの   (かず) を  調 (しら) べています。

いちばん   (おお) かったのは、2009 (ねん) でした。そのときは、1237 (にん) でした。

10年前 (ねんまえ) から、ホームレスの   (かず) は、だんだん   () ってきました。

今年 (ことし)   1 (がつ) に  調 (しら) べたとき、ホームレスは  250 (にん) でした。

調 (しら) べた (なか) で、いちばん   (すく) なかったです。

このうち、男性 (だんせい) が  236 (にん) でした。

(こう) (えん) に  いた   (ひと) が   (おお) かったです。

(くに) は、「ホームレスの  相談 (そうだん) () る  活動 (かつどう) を  しているので、ホームレスは   () っています」と (はな) します。

また、 (はたら) くところも   () えているので、ホームレスが   () っているようです。

でも、まだ   () むところに   (こま) る   (ひと) が  います。

ホームレスを   (たす) ける  団体 (だんたい) は、問題 (もんだい) のことを   (ひろ) く   () ってもらう  活動 (かつどう) も  しています。

 

 

(もと) の  記事(きじ) は  こちら

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ