なぜ?「巨大恐竜」突如現る 飯塚市の田園地帯

西日本新聞 筑豊版

 飯塚市の田園地帯に「巨大恐竜」が現れた。「なんじゃこりゃっ!」。一体なぜ、こんなところに?

 高さ5メートル、頭から尻尾の先までは10メートルを超えていると思われる巨大恐竜は、「イワキン石油」(津原)にそびえ立つ。所長の今城大輔さん(36)によると、2年前までは久山町のパチンコ店の駐車場にあり、免税店に変わるのを機に、本社の解体業「イワキン工業」(横田)に恐竜の解体依頼があったそう。だが、同社社長が「もったいない。ガソリンスタンドの周辺は殺風景だから、目印に置いたら」と提案。解体作業の専用のこぎりで四つに分け、大型トレーラーで運び組み直した。

 給油で立ち寄る客だけでなく、ツーリング中の人や韓国人観光客も写真をパチリ。恐竜ファンの男性から「売ってくれないか」と言われたことも。「夜は車のライトに照らされより目立ち、子どもが驚くので要注意です」(今城さん)。

 イワキン石油は日曜祝日定休。自由に撮影可能だが、車やバイクは同社敷地内に駐車を。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ