熊本県が物資や人材支援 新潟震度6強

西日本新聞 社会面

新潟県村上市と山形県鶴岡市に向かうトラックに積み込まれるブルーシート=19日午後4時16分、熊本県益城町 拡大

新潟県村上市と山形県鶴岡市に向かうトラックに積み込まれるブルーシート=19日午後4時16分、熊本県益城町

 2016年に熊本地震を経験した熊本県では19日、最大震度6強を観測した新潟県や山形県の被災地に向け、物資の輸送や人材派遣の支援が始まった。

 熊本市は同日午後、被害の大きかった山形県鶴岡市からの要請を受け、被災対応を熟知した職員2人の派遣を決定。2人は20日から3日間の予定で、家屋の被災認定など初動対応について助言する。

 鶴岡市は熊本城を築城した加藤清正の墓碑があるゆかりの地で、熊本地震の際には応援職員の派遣を受けたという。熊本市は「熊本の経験を役立て、支援の恩を返したい」としている。

 熊本県は、鶴岡市と新潟県村上市に支援を打診し、備蓄している防災物資からブルーシート計300枚を届けることを決めた。19日午後4時すぎ、備蓄倉庫がある熊本県益城町の消防学校から、荷を積んだトラックが出発。21日午前中に村上市、同午後に鶴岡市に到着する予定という。

 県健康福祉政策課の村上知生主幹は「梅雨に入り、雨への備えが必要。熊本地震でもブルーシートは非常に役に立った。有効に活用してほしい」と話した。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ