トランプ氏支持、底堅く 「さらに4年」会場に響く 再選出馬表明

西日本新聞 国際面

 【オーランド田中伸幸】トランプ米大統領が来年の大統領選での再選出馬を宣言した18日の南部フロリダ州の集会会場には、トランプ氏の熱狂的な支持者が多数集結。既成政治の打破を掲げるトランプ氏が「戦いを継続する」と訴えると、再選を意味する「さらに4年」コールが鳴り響いた。政権発足当初から不支持率が支持率を上回る状態が続くとはいえ、支持率が4割を割らないトランプ氏人気の底堅さをうかがわせた。

 演説開始の5時間前の午後3時。約2万人収容の会場の外には、前夜から並んだ支持者を含め長蛇の列ができていた。雨が上がり、強い日差しが照りつける蒸し暑さにもかかわらず、トランプ氏の勝負色である真っ赤な帽子をかぶった支持者の男性は「2020年もトランプだ」と路上で何度も叫び、2時間以上かけてようやく会場に入った。

 参加者からはトランプ氏への高評価が相次いだ。オーランド近郊で約20年、旅行代理店を営むケリー・クックさん(53)は「業績は過去最高水準だ」と満足顔。トランプ政権による減税効果で中間所得層の旅行需要が著しく伸びたからだという。

 理学療法士のステイシー・マクギニスさん(32)は、問題発言が多いトランプ氏のツイッター投稿には不満があるものの「フロリダにも不法移民は多い。対策を徹底してほしいから来年も彼に投票する」と断言。野党民主党内では大統領候補が乱立しており、「誰が相手でも楽勝」と余裕の笑みを浮かべた。

 前回大統領選に絡むロシア疑惑では、民主党側でトランプ氏の弾劾を求める動きが広がる。幼児を連れた女性に尋ねてみたが、「疑惑の話はすべてうそ」と意に介さない様子。

 再選の鍵を握るとされる中西部の世論調査で、トランプ氏は民主党の主要候補者より支持率が下回っている。それでも多くの支持者から「前回選挙も不利なデータばかり出されたが、トランプ氏は勝利した。そんな結果は全く信じない」といった声が相次いだ。

 フロリダは与党共和党と民主党の支持が拮抗(きっこう)する激戦州で、民主党は今月末、20人の候補者が参加する初の討論会を開く。トランプ氏は前回に続く当地での勝利を目指しており、今回の集会は民主党の機先を制した格好だが、会場周辺には再選阻止を目指す市民も集結。ある女性が「トランプはやがて刑務所行きだ」と批判すると、近くにいたトランプ氏支持者が怒ってののしり合うなど緊迫する場面もみられた。

PR

PR

注目のテーマ