「富野由悠季の世界」展 22日から、福岡市美術館 「マニアック」にギャラリートーク

西日本新聞 夕刊

 福岡市中央区大濠公園の市美術館で22日から始まる「富野由悠季(よしゆき)の世界」展の関連イベントとして、「ほどほどにマニアックな」「とてもマニアックな」と銘打った2種類のギャラリートークがある。

 「機動戦士ガンダム」など数々のオリジナルアニメーションの総監督を務めた富野氏。その活動や作品を通した主張、富野氏の少年時代について、熱烈なファンでもある山口洋三・同館学芸係長が、それぞれ違った切り口で解説する。

 主要作品を説明する「ほどほど」は29日と7月7日、主要作品はほぼ見たという人向けの「とても」は30日と7月6日、いずれも午後2時から。聴講無料だが、当日観覧券が必要。5分前までに特別展示室前に集合する。観覧料は一般1400円、高大生700円、小中生500円。前売りは各200円引き。ギャラリートークの問い合わせは、西日本新聞イベントサービス=092(711)5491。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ