九大病院に1.5億円賠償命令 腫瘍見落とし後遺症 福岡地裁判決

西日本新聞 社会面

 九州大学病院でのコンピューター断層撮影(CT)検査で医師が脳腫瘍の所見を見落としたため、腫瘍が大きくなり後遺症を負ったとして、福岡県の30代女性が大学側に慰謝料など約1億9700万円を求めた訴訟の判決で、福岡地裁(波多江真史裁判長)は21日、病院側の過失を認め、約1億5700万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は食欲不振や不眠で2006年8月に同病院の心療内科を受診。10月にCT検査を受けたが、報告にあった約1・6センチの脳腫瘍の所見を医師が見落とし、治療も行われなかった。11年12月の検査では腫瘍が約6センチになっており、別の医院で摘出手術。女性は後遺症で左手の握力を失い、記憶障害も生じたという。

 大学側は見落としを認めた上で「記憶障害などは別医院の手術で脳の一部が損傷したため」などと反論。見落としと後遺症の因果関係が主な争点だった。

 判決は「見落としがなければ早期に手術を受けることができ、後遺症の発生を防止できた蓋然(がいぜん)性が高い」として因果関係を認め、別医院での手術については「過失を断定することはできない」とした。

 判決後に記者会見した女性の母親は「早期に手術をしていれば娘は進学や就職をし、普通に生活できたと思う。病院には二度と同じことがないようにしてほしい」と話した。大学側は「判決文が届き次第、内容を精査して今後の対応を検討する。再発防止策を徹底し、より良い医療を提供していくよう努める」としている。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ