『今日のハチミツ、あしたの私』 寺地はるな 著 (ハルキ文庫・670円)

 彼の父親は結婚に反対した。「能なしの息子と何年も付き合っていたあんたも同類。違うなら証明しろ」。碧(みどり)は負債を取り立てる試練を与えられる。相手は養蜂家。碧にはハチミツの大切な思い出があった-。出会いによって成長する女性の姿を伸びやかに描く。著者は佐賀県出身。 

 

関連記事

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース

PR