不登校(4)画一性に疑問 「戻りたい」どう支える

西日本新聞

不登校の子どもとどう向き合うか、教育現場の模索が続いている 拡大

不登校の子どもとどう向き合うか、教育現場の模索が続いている

適応指導教室 私立校の子は

 子どもの不登校について当事者や保護者らから多くの意見が寄せられている。いじめ、教師への反発、体調不良など不登校の理由はさまざまだ。ただ、学校の閉鎖的な雰囲気や画一的な指導に加え、受け皿を巡る対応が長期化につながるケースも目立っている。

 九州在住の40代の優美さん=仮名=は、中学生の娘が私立学校在籍を理由に、地元の適応指導教室への入室を拒まれたことに憤る。適応指導教室は教育支援センターとも呼ばれ、不登校児童生徒や保護者からの相談を受けたり、児童生徒の学習指導をしたりする。文部科学省の2017年度調査によると、全国の6割強の自治体が設置し、基本的に自治体内の児童生徒を受け入れている。

 優美さんの娘は小学校のころ、友人関係のトラブルやクラスの雰囲気になじめず不登校になった。心機一転し、私立中学に進学したが、不登校傾向は続く。ただ、娘は転校を望まず学校に戻りたいと考えており、復帰への方法を模索していた。

 優美さんによると、フリースクールなども検討する中で昨春、地元の適応指導教室を見学した。娘は「ここなら通えそう」と笑顔を浮かべた。しかし教室に問い合わせたところ「私立の子どもの受け入れは難しい」。娘はひどく落胆したという。

「前例ない」受け入れ進まず

 「同じ自治体で暮らしているのに私立だけ差別するのはおかしい」と優美さんはいぶかる。学校を通じて自治体の教育委員会とやりとりしたが「前例がなく、一人のために対応できない」との返事だった。ところが新年度に教育委員会の担当者が代わり、改めて打診すると、一転して受け入れが認められた。

 文科省によると17年度、全国の適応指導教室に通う児童生徒は約2万1千人で、うち私立学校は約200人と1%にとどまる。文科省は16年、全国の教育委員会に私立学校の児童生徒の柔軟な受け入れを通知しているが「公立の子どもを想定しているところが多く、受け入れはほとんど進んでいないのが現状だ」(担当者)と認める。

 優美さんには苦い記憶がある。小学生だった娘が学校に行き渋ったとき、当時の教師の助言を真に受け「何とか学校に行かせようとしか考えていなかった」という。「誰もつらさを分かってあげられない中、娘に寄り添い、話をきちんと聞いてあげれば良かった」と自戒を込めて振り返る。

 娘はこの1年、学習意欲を失うなど精神的に落ち込むこともあった。優美さんは適応指導教室で笑顔を見せる娘にほっとする一方、なお釈然としない思いも抱える。「子どもにも家族にも大事な1年を無駄にされた。せっかくの受け皿も、人によって対応が異なるような仕組みは直すべきではないか」 

動かぬ体 励ましも重圧

 福岡県の男性(19)は中学1年のある朝、布団から起き上がれなくなった。学校でいじめられたり、夜更かしが続いたりといった要因は特に思い当たらない。それでも体に力が入らず数時間、布団で横になったまま過ごすしかなかった。

 学校は休みがちになり遅刻も増えた。病院で起立性調節障害と診断された。自律神経の働きが悪くなり、立ったときに体や脳への血流が低下するという。

 休みが続いたとき、学級担任は連日、電話をかけてきた。「学校に来た方がいいよ」。自分でもそう思うが体がついてこない。励ましはむしろ重圧だった。

 たまに学校に行くと、教師も級友も優しく接してくれたが、見えない線が引かれていたようだった。学級単位で進む授業や行事。「いったん乗り遅れると戻りづらい」。結束を求める教室の雰囲気も苦に感じた。

 家庭以外の居場所は、ボランティアが担う学習支援の場だった。通い始めると少しずつ気持ちが軽くなり、体育館での運動や生活リズム改善につなげていった。

 中3になると、ほぼ毎日登校できるようになった。授業内容にも追いつき、テスト結果は平均点を超えた。喜ぶ担任に学級の一員として認められたようでうれしかった。それでも「普通は行くべき学校に行けなかった」という劣等感は消えなかった。

 自信を取り戻したのは希望する高校に進学してからだ。中学のような誰かの目を気にする息苦しさはなく、自分のペースで学習に取り組めた。課外活動にも積極的に加わり、達成感の蓄積で前向きになれた。

 今は教師を目指し大学に通う。不登校の時に味わった孤立感を糧に、どんな生徒にも目が行き届く教師になりたい。「学校がきつい。友人がいなくて寂しい。そんな子を1人でも減らしていきたい」。そう思っている。

起立性調節障害】体が急激に変化する思春期に起きやすい自律神経機能不全の一つ。立ちくらみや倦怠(けんたい)感、動悸(どうき)などの症状が現れる。軽いケースも含めると、小学生の約5%、中学生の約10%で起き、女子の方が多いとされる。夜は元気でスマートフォンやテレビを楽しめる場合もあるため、多くの保護者は怠惰や夜更かし、学校での嫌な出来事が原因だと考えがちだが「体がきつくても、登校しなければならない」といった圧迫感は症状の悪化につながる。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ