飯塚山笠の季節到来 本部設営や棒洗い

西日本新聞 筑豊版

飯塚山笠を前に舁き棒を洗い清める新流の男衆 拡大

飯塚山笠を前に舁き棒を洗い清める新流の男衆

 7月1日未明のお汐井取りで開幕する飯塚市の飯塚山笠に向けて、5流(ながれ)が本部設営や、各流をPRするのぼり旗の飾り付けなど準備を進めている。23日は新流が、舁(か)き棒を洗い清める「棒洗い」を行った。

 新流はJR新飯塚駅近くに本部を設置。午前9時ごろから約70人の男衆が集まり、テントを立てた後、荒縄を使って長さ約6メートルの4本の舁き棒を磨き上げた。若頭の香月博明さんは「元号が変わったこともあり、今年の山笠は気持ちを新たにする出発点としたい。かき手にけががないように務めていきたい」と話した。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ