【ポイソ!釜山】海上から観光名所を一望 影島に遊覧船が登場

西日本新聞 国際面

 かつて造船業で栄えた韓国釜山市の影島(ヨンド)に5月、海上から観光名所を一望できる「カンカンイ遊覧船」が登場した。船体のさびを金づちでたたいて落とす時の音にちなんだ名前で、船着き場の周辺は「カンカンイ村」と呼ばれている。

 救命胴衣を着けて乗船すると、本土と島をつなぐ跳ね橋「影島大橋」(1934年開通)の橋桁が上がる様子が見えた。チャガルチ市場や船の修理工場を眺めながら、波間で羽を休めるカモメにカメラを向ける。海風が心地よい。あっという間の20分間だった。

 運航は毎週土曜、日曜の午後1時、2時、3時。料金は1人6千ウォン(約550円)。カンカンイ案内センターから出航する。

PR

PR

注目のテーマ