特別展「室町将軍 ―戦乱と美の足利十五代―」

西日本新聞

足利尊氏を初代将軍とし、十五代にわたって続いた室町幕府は、おもに京都の室町に営まれた将軍邸や、その主である将軍を「室町殿(むろまちどの)」と称したことからこの名で呼ばれます。京都を拠点とする武家政権として誕生し、はじめの六十年あまりは朝廷が二つに分裂する南北朝時代、後半期は大名たちが覇権を争う戦国時代に重なります。日本史を二分するとも言われる大きな変革期にあって、初代尊氏から十五代義昭(よしあき)までの歴代将軍は、時代の波に翻弄されながらも、およそ240年にわたり命脈を保ちました。

政治的には決して安定した時代ではありませんでしたが、三代義満(よしみつ)や八代義政(よしまさ)をはじめとする将軍たちは、自らのアイデンティティである武家文化を基本としながら、平安時代以来の伝統をもつ公家文化と東アジアとの交流によってもたらされた大陸文化を積極的に受け容れ、独自の価値観と美の世界を築き上げました。時の権力者である将軍たちが牽引したことで、そこで享受されれた芸術文化は多くの人々が追随するものとなり、それは今も日本人の心に適うものとして生き続けています。

本展では、歴代将軍の肖像やゆかりの文化財から、室町時代の栄枯盛衰と個性あふれる将軍たちの魅力に迫り、彼らが愛し、価値づけた名品を通して、室町時代の多彩な芸術文化をご紹介します。また、尊氏が創建し、将軍家菩提所となった京都・等持院(とうじいん)に伝わる歴代足利将軍の彫像十三軀(く)が、寺外で一挙に公開される初めての機会です。

《日程》 2019/07/13(土) 〜 2019/09/01(日)

《時間》09:30 〜 17:00   (入館は16:30まで)、毎週金曜と土曜は20:00まで(入館は19: 30まで)

《休館日》毎週月曜日(ただし、7月15日(月・祝)、8月12日(月・休)、は開館。7月16日(火)は休館)

《料金》 
一般:1,600円(1,400円)、高大生:1,000円(800円)、小中生:600円(400円)
※(  )内は前売り、夜間割引および団体料金(有料の方が20名以上の場合。※上記料金で当館4階「文化交流展(平常展)」もご覧いただけます。※高大生、小中生の方は学生証の提示をお願いします。※障がい者等とその介護者1名は無料です。展示室入り口にて障害者手帳等(詳細についてはHP等をご確認ください)をご提示下さい。 ※満65歳以上の方は前売り一般料金でご入場いただけます。券売所にて生年月日がわかるもの(健康保険証・運転免許証等)をご提示ください。 ※キャンパスメンバーズの方は団体料金でご入場いただけます。券売所にて学生証、教職員証等をご提示ください。※夜間割引料金のチケットは、夜間開館当日午後5時以降に九州国立博物館券売所で販売します。※夜間割引料金で購入されたチケットで午後5時以前に入館することはできません。割引の併用はできません。

《主催》 九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、TVQ九州放送、テレビ西日本

《問い合わせ先》  NTTハローダイヤル 050-5542-8600(8時00分〜22時00分/年中無休)

《URL》https://www.kyuhaku.jp/

《公式SNS》
Twitter https://twitter.com/muromachishogun
Facebook https://www.facebook.com/muromachishogun/

 

さらに詳しい情報は、「九州、山口の展覧会情報&アートカルチャーWEBマガジン ARTNE」をチェックしてください。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ