元ホークス岸川さん総合コーチに 社会人硬式野球クラブ佐賀魂

西日本新聞 佐賀版

「佐賀魂」の総合コーチに就任し、佐賀市内で会見した岸川勝也さん(右)と福田真也球団代表 拡大

「佐賀魂」の総合コーチに就任し、佐賀市内で会見した岸川勝也さん(右)と福田真也球団代表

 佐賀市出身で福岡ダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)や読売ジャイアンツなどに在籍し強打者として知られた岸川勝也さん(54)が、江北町を本拠地に活動する社会人硬式野球クラブ「佐賀魂(スピリッツ)」の総合コーチに1日付で就任した。18日には佐賀市で記者会見があり、「野球を通じて佐賀に恩返ししたい」と意気込みを語った。

 岸川さんは佐賀北高を卒業後、南海やダイエー、巨人などで外野手や三塁手として活躍。現役引退後は巨人の打撃コーチを務めた。佐賀工OBで佐賀魂の福田真也球団代表と同級生で、当時は頻繁に練習試合で対戦していた縁からコーチ就任が決まった。

 チームは2005年、元プロ野球選手の新谷博さんや地元の有志を中心に結成。現在は都市対抗野球出場や全日本クラブ選手権優勝を目標に県内外の社会人選手25人が所属し、子ども向けの野球教室を開くなど社会貢献活動にも取り組んでいる。岸川さんは技術指導のほか、球団経営に関する助言なども行うという。

 会見で福田球団代表は「分かりやすいアドバイスで選手たちが目を見張るほどに成長している」と岸川さんの指導力を評価し、「タッグを組めてうれしく思う。佐賀の野球界に新しい風を吹かせられる」と期待を寄せた。

 岸川さんは「選手のために良いアドバイスをして、プロの世界でやってきたことを佐賀に還元したい」と語った。

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ