被爆十字架を長崎に返還へ 戦後、米軍人が持ち帰る

西日本新聞 社会面

米ウィルミントン大平和資料センターが返還を申し出ている十字架(宮崎広和教授提供) 拡大

米ウィルミントン大平和資料センターが返還を申し出ている十字架(宮崎広和教授提供)

 長崎原爆によって崩壊した浦上天主堂のがれきの中から、米兵が母国に持ち帰ったとされる木製の十字架が8月、長崎市の同天主堂に返還される見通しとなった。十字架を所蔵している米オハイオ州・ウィルミントン大平和資料センターが「もともとあった長崎に戻したい」と天主堂を管轄するカトリック長崎大司教区に申し出た。

 十字架は高さ1メートル。金色で縁取られ、交差部分に円形の文様がある。両者を仲介した長崎平和特派員の宮崎広和・米ノースウエスタン大教授(文化人類学)によると、終戦直後の1945年10月に長崎に進駐した米軍人ウォルター・フック氏(2010年に97歳で死去)が、長崎の教会関係者から譲り受けたとされる。その後、フック氏が親交のあったセンターに寄贈したとみられる。

 宮崎教授が5月中旬、センターからの手紙を大司教区の高見三明大司教に届けた。「長崎原爆の日」前の8月7日にも、センターの責任者が来日して返還する予定という。大司教区は「展示や保存の方法を検討したい」としている。

 戦前、浦上天主堂にこの十字架があったことを示す資料はないが、長崎原爆資料館に保管され、原爆投下直後に撮影された天主堂のがれきの写真には同じものとみられる十字架が写っている。長年、この十字架の行方を捜していたカトリック信徒で被爆者の深堀好敏さん(90)=長崎市=は「もう見つからないと諦めていた。まさかこんな形で長崎に戻ってくるなんて奇跡的だ」と話した。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ