自宅周辺のリスク把握を 西日本豪雨1年

西日本新聞 社会面

 近年相次ぐ豪雨災害で思い知らされたのは、河川の氾濫や土砂災害が同時多発すれば、逃げ道を断たれてしまう最悪のケースもあり得るという現実だ。救助の手も届かない中、自分や家族の命を守るため、どうすればいいのか。

 「濁流を避けられる場所は崖下だけ」「流木をよけるため山中で一晩明かした」。2017年に起きた九州豪雨の被災地では、こんな危機的状況に陥った人も少なくない。福岡県朝倉市防災交通課の板波智太郎係長は「早期避難が基本だが、逃げ場を失って指定避難所にたどり着けない場合もある。地域内の安全地帯を事前に確認し、いち早く逃げ込んで」と「一時避難」の重要性を強調する。

 一時避難に適した場所は、自宅周辺に潜む災害リスクによって異なる。急傾斜地で怖いのは土砂災害。崖からできるだけ離れ、自宅が2階建てならば、崖から一番遠い2階の部屋へ。平時に近所で話し合い、崖から離れた比較的安全な民家への避難を申し合わせておくことも有効だ。

 低平地では河川の氾濫、特に浸水深に注意が必要。西日本豪雨の際、岡山県倉敷市真備町では浸水深が最大5メートルを超え、2階建ての屋根の上に「垂直避難」した人たちは助かった。

 九州大の小松利光名誉教授(防災工学)は「事前にハザードマップ(災害想定地図)で自宅周辺の最大浸水深を調べ、4~5メートルの想定があれば屋根に上るはしごや、ライフジャケットを準備して」と提案。空の大きなペットボトル2本を体に巻き付けるだけでも浮力を得られるという。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ