佐賀市長、知事の方針を支持 新幹線整備方式 「短絡的決定は問題」

西日本新聞 佐賀版

 九州新幹線西九州(長崎)ルート新鳥栖‐武雄温泉の整備方式を巡り、佐賀市の秀島敏行市長は25日の市議会一般質問で「リレー方式は(利便性に)問題はあると思うが、だからといってフル規格を短絡的に決めること自体が問題だ」と述べた。長崎県側にリレー方式の長期化への懸念がある中、山口祥義知事は早急な結論を拒否しており、秀島市長は知事への支持をあらためて示した。

 平原嘉徳議員の質問に答弁した。平原氏はフル規格による経済波及効果をただすと、市長は「期待感はあるが、新幹線はあくまで移動手段であり、全て(の恩恵)が転がりこんでくるわけではない。逆に(他の自治体に)吸い取られる心配もある」と指摘。「ルートが決まらない中で経済効果だけを先に議論するのはいかがかと思う」とも述べ、結論を急ごうとする県内の推進派をけん制した。

 在来線の存続については「博多‐佐賀間は今、多くの特急があり、非常に便利で佐賀の暮らしやすさにつながっている。フル規格により本数や料金など新たな問題が出てくる」と述べ、懸念を示した。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ