街の異常 LINEで通報 福岡市 道路や設備対象に運用開始

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 福岡市は25日、無料通信アプリLINE(ライン)を使い、道路や河川、公園で見つけた設備や器具などの不具合を市に通報できるシステムを始めた。

 市のライン公式アカウントに、新たに「道路公園等通報」という機能を追加した。この機能を使って通報できるのは、道路舗装の傷み▽照明灯の不点灯▽ガードレールの破損▽河川の護岸ひび割れ▽公園のベンチ・遊具の破損‐など、身の回りの公共物の不具合に関する情報。

 ラインでの手続きでは、市側からの自動メッセージで不具合が見つかった物の種類や地図上の位置、見つけた日時、その写真を送るよう求められる。それに応じれば「いつ、どこで、何が、どんな状態か」という基礎情報が市側に簡潔に伝えられる仕組み。市は現地確認の上、市の管理物であれば対応方法を検討し、それ以外は必要に応じて管理者に情報提供する。

 道路、河川などに関する不具合の通報は市に対し年間約1万9千件ある。今回のシステム導入により、市にとっては全ての通報に電話で応じるよりも効率的に情報収集でき、通報者も夜間などに情報を送れる利点がある。

 また市は7月1日から、粗大ごみ処理手数料をラインの決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」を使って支払える仕組みの実証実験を中央区で始めると発表した。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ