九州北部、ようやく梅雨入り 最も遅い記録更新

西日本新聞 夕刊

 気象庁は26日、九州北部、四国、中国、近畿地方が梅雨入りしたとみられると発表した。いずれも1951年の統計開始以来最も遅い記録を更新した。九州北部は平年や昨年より21日遅い。一方、26日夜には梅雨前線が対馬海峡付近に北上し、27日朝に熱帯低気圧が南から接近。急な強い雨や落雷に注意が必要となる。

 福岡管区気象台によると、前線と湿った空気の影響で九州北部は26日朝から天気が崩れ、向こう1週間も雨の日が多い見込み。27日にかけて、梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み、所によって雷を伴う激しい雨となる恐れがある。

 さらに、沖縄の南では熱帯低気圧が北上中。今後台風となって九州南岸付近に接近し、西日本の太平洋側に上陸する可能性もある。27日朝までの予想雨量は九州北部で1時間に最大30~40ミリ、24時間に同120ミリ。気象台は土砂災害や低地の浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ