【★どうが★やさしい日本語】がいこくじんが だれでも たべることができる りょうりを つくる

西日本新聞

このごろ、  福岡(ふくおか) (けん)   宗像(むなかた) () に  外国人(がいこくじん) の  観光客(かんこうきゃくが  えています。

世界(せかい) 遺産(いさん) 」になった  (しま) が  あるからです。

いろいろな  (くに) の  (ひと) が、観光(かんこう) に  () ます。

観光客(かんこうきゃく) は  アレルギーや  宗教(しゅうきょう) で  () べることができないものが  あります。

まちがって  () べるのが  (こわ) いので、  日本(にっぽん) では  コンビニの  おにぎりしか  () べない  (ひと) も  いる  そうです。

宗像(むなかた) () では、(だれ) でも  食事(しょくじ) を  (たの) しむことが  できる  (みせ) を  ふやします。

これから、レストランの  (ひと) たちが、(だれ) でも  () べることが  できる  メニューを  (かんが) えます。

その  メニューを  () べることが  できる  (みせ) に、マークを  () します。



(もと) の  記事(きじ) は  こちら

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ